生き物

2010年12月18日

鉄のよろいを脱いだら白かった、硫化鉄で覆われた黒い貝「スケーリーフット」に近縁な白い新種を発見 このエントリーをTwitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをライブドアクリップに追加 このエントリーをYahoo!ブックマークに登録 このエントリーをDeliciousに追加

1 :一般人φ ★:2010/12/13(月) 21:42:12 ID:???
鉄のよろいを脱いだら白い姿に―。海洋研究開発機構のチームは13日、体の一部が無数のうろこで覆われた
珍しい巻き貝「スケーリーフット」の、体色が異なる近縁種をインド洋の深海底で発見したと発表した。

これまで硫化鉄で硬くコーティングされた黒い殻を持つものが見つかっていたが、今回は硫化鉄を帯びず白っぽい体色。
チームは「謎の多い生態や進化過程を知る手掛かりになる」と期待している。

昨年10月、海洋機構の無人潜水調査船「しんかい6500」が、鉱物を多く含む水深2600メートルの熱水噴出孔の近くに
集まって生息しているのを発見。体長約3~4センチ。
2001年に見つかった黒い色のものより殻は弱いが、遺伝的にはほぼ同じ近縁種だった。

▽写真 インド洋で見つかった巻き貝「スケーリーフット」の白い殻を持つもの(上)。
これまでは硫化鉄で殻が硬くコーティングされたもの(下)が確認されていた(海洋研究開発機構提供)
http://img.47news.jp/PN/201012/PN2010121301000737.-.-.CI0003.jpg

▽記事引用元 共同通信【2010/12/13 18:24】
http://www.47news.jp/CN/201012/CN2010121301000686.html

▽プレスリリース
http://www.jamstec.go.jp/j/about/press_release/20101213/

CI0003
続きを読む

lemegeton72 at 23:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをTwitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをYahoo!ブックマークに登録 このエントリーをDeliciousに追加

2010年11月09日

烏天狗の正体が判明!写真あり このエントリーをTwitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをライブドアクリップに追加 このエントリーをYahoo!ブックマークに登録 このエントリーをDeliciousに追加

1 :ちくわ部φ ★:2010/11/09(火) 18:29:18 0
「カラス天狗(てんぐ)のミイラ」として知られる和歌山県御坊市所蔵の「生身迦樓羅王尊像
(しょうじんかるらおうそんぞう)」(江戸時代)の正体が、同県によるコンピューター断層
撮影(CT)で、2羽の鳥の骨や粘土で作った造作物と分かった。

像は高さ39・3センチ。木製の岩座に立った姿で、厨子(ずし)の中に納まっている。

県が3年前、エックス線CTで解析。粘土を材料にした頭に鳥の頭部を納め、くちばしを
外に出し、手足も鳥の足と粘土で作ってあることが分かった。骨格からトンビとみられる。

その後、「夢がなくなる」などと公表を控えていたが、県立紀伊風土記の丘(和歌山市)
での展覧会で、結果を公開することにした。

◆カラス天狗=山伏装束で深山に住むという想像上の生き物。鼻の高い大天狗と違い、
くちばしを持っている。剣術が得意で京都の鞍馬山で牛若丸(源義経の幼名)に教えたという
伝説がある。

http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20101109-OYT1T00590.htm
http://www.yomiuri.co.jp/photo/20101109-594433-1-L.jpg
20101109-594433-1-L

続きを読む

lemegeton72 at 20:40|PermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをTwitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをYahoo!ブックマークに登録 このエントリーをDeliciousに追加

2010年11月05日

アノマロカリス、三葉虫は硬くて食べられなかった可能性 このエントリーをTwitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをライブドアクリップに追加 このエントリーをYahoo!ブックマークに登録 このエントリーをDeliciousに追加

1 :おっおにぎりがほしいんだなφ ★:2010/11/05(金) 07:45:53 ID:???
地球最古の大型捕食動物と考えられていた、エビに似た巨大な生物
アノマロカリス・カナデンシスが、実際はぜん虫類を主食とする“軟弱者”だったとする
最新の研究が発表された。

5億年前のカンブリア紀の海底に生息していたアノマロカリス・カデナンシスは、
体長1メートル近く、硬い殻に包まれ、目が飛び出ており、当時の生物の中では
かなり大型だった。独特な丸い口には放射状に重なり合う32枚の歯があり、
口の脇からトゲの付いた2本の触手が前に伸びていた。

アノマロカリスはこれまで、この頑強な口で、同じく海底に生息していた無脊椎の
節足動物である三葉虫など硬い殻に覆われた生物を噛み砕いて食べていたと
考えられていた。しかし、アメリカにあるデンバー自然科学博物館の古生物学者
ジェームズ・“ホワイティ”・ハガドーン氏の研究チームは、アノマロカリスの口の
3Dコンピューターモデルを使った研究を行い、従来の説を否定する新説を発表した。

「アノマロカリスは“百獣の王”ではなかったのではないかと我々は考えている」と
ハガドーン氏は語る。「素晴らしい化石だという事実は変わらないが、海をわがもの顔に
泳ぎまわって無力な三葉虫を切り裂くといった、おなじみのアニメーションは
見直しの必要がありそうだ」。

アノマロカリスの口のコンピューターモデルでは、現生のエビの柔らかい殻すら
噛み砕くことができないことが示された。これでは、ほとんどの三葉虫が持つ
硬い殻には歯がたちそうにない。それどころか、口を完全に閉めることさえ
できなかったらしいという。
つまり、アノマロカリスは、非常に小さいか脱皮したばかりの柔らかい三葉虫を
吸い込んで食べることはできたかもしれないが、「三葉虫の約95%は殻が硬すぎて
噛めなかっただろう。先に口の方が壊れてしまったはずだ」とハガドーン氏は推測する。

このコンピューターモデルの結論を裏付ける証拠は化石にも見られると同氏は
付け加える。例えば、研究チームはアノマロカリスの口の部分の化石を400点以上
調べたが、日常的に硬い殻を噛み砕いていた生物なら当然あるはずの傷跡が
まったく見られなかった。さらに、胃の内容物や排泄物の化石からも、
アノマロカリスが硬いものを食べていたという証拠は見つからなかった。

アノマロカリスは三葉虫ではなく柔らかいものを食べていた可能性が高いと
ハガドーン氏は話す。「1つの仮説として、水中にいる柔らかいぜん虫類や
プランクトンを食べていたのではないかと考えられる」。

この研究は、2010年10月31日~11月3日にデンバーで開催されたアメリカ地質学会
(GSA)の年次総会で11月1日に発表された。

ソース:ナショナルジオグラフィックニュース
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20101104004&expand#title
画像:海底を泳ぐアノマロカリス・カナデンシス(想像図)
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/bigphotos/images/anomalocaris-canadensis-shrimp_28324_big.jpg

anomalocaris-canadensis-shrimp_28324_big

続きを読む

lemegeton72 at 20:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをTwitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをYahoo!ブックマークに登録 このエントリーをDeliciousに追加

2010年11月02日

クラゲは集めると「ぷよぷよ」のように消滅する(特許出願中) このエントリーをTwitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをライブドアクリップに追加 このエントリーをYahoo!ブックマークに登録 このエントリーをDeliciousに追加

1 :一般人φ ★:2010/11/02(火) 00:15:10 ID:???
 東北電力新潟支店は、東新潟火力発電所(新潟県聖籠町)で、発電の障害となるミズクラゲを消滅させる「クラゲ洋上処理システム」を開発した。


 夏場の電力の安定供給につながるだけでなく、産業廃棄物であるクラゲの死体を処理する負担も減り、大幅な経費削減が実現できたとしている。

 クラゲは、タービンを回す蒸気の冷却水として海水を取水する際、取水口に流入。
除去作業は、年間4~6回、数時間に及び、その間、発電量を4割ほど減らすこともあった。陸揚げされたクラゲは、年間300トンに上った。

 そんな厄介者のクラゲの処分を担当していた同社員が2004年、クラゲは密集して滞留すると、徐々に弱り、
体内の自己溶解酵素で溶けて消滅することを知った。

 そこで、この性質を利用し、クラゲを自然消滅させるシステムを考案した。
仕組みは、取水口手前にクラゲをせき止める網と、貯留槽(広さ10メートル四方、深さ2・5メートル)2基を設置し、
クラゲをポンプとホースで槽に次々と吸い込んで、そのまま閉じこめておく――というもの。
04年から導入し、徐々に改良を重ね、今年最終的な形に到達した。
貯留槽で5日間ほどで消滅するという。

 これにより、産廃として処分するクラゲの量は年間40トンに減り、2000万円の経費削減につながった。

 既に特許申請を行い、関西電力美浜発電所(福井県)もこのシステムを導入。
東北電力管内では、秋田、八戸の両火力発電所でも導入を検討しているという。

 東北電力新潟支店の矢萩保雄支店長は「電気の安定供給、経済性、環境の保全の同時達成を目指すとともに、
新潟発の技術として広まることを期待したい」と話した。

▽記事引用元 (2010年11月1日07時49分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20101101-OYT1T00165.htm



続きを読む

lemegeton72 at 22:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをTwitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをYahoo!ブックマークに登録 このエントリーをDeliciousに追加

2010年08月01日

グレートバリアリーフの深海には「古代魚」が潜んでいる このエントリーをTwitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをライブドアクリップに追加 このエントリーをYahoo!ブックマークに登録 このエントリーをDeliciousに追加

1 :あんたレスφ ★:2010/07/16(金) 22:21:35 ID:???

グレートバリアリーフの深海は別世界、「古代魚」も発見

オーストラリア・グレートバリアリーフ(Great Barrier Reef)の海底で
先史時代から生き続けている海洋生物を、豪クイーンズランド大
(University of Queensland)の研究チームが発見し、15日、写真など概要を発表した。

オスプレイリーフ(Osprey Reef)の海面下1400メートルの海底で遠隔操作カメラがとらえたのは、
古代サメ、巨大なバラムツ、群生する甲殻類、貝殻を持った原始的なイカ「ノーチラス」などが生息する驚くべき世界だった。

研究チームのジャスティン・マーシャル(Justin Marshall)氏によると、
特別に開発されたこの微光・高感度カメラによって、6つのえらを持つ先史時代のサメなど、
これまで知られていなかった魚類を複数発見した。

この研究は、海の温暖化の脅威にさらされている海洋種を記録するプロジェクトの一環で行われているもの。
科学者らは、温暖化と化学物質の流入で海洋生物に個体数の減少や病気の蔓延が起きており、
観光資源でもあるこの34万5000平方キロの海域は深刻な危機に直面していると、警鐘を鳴らしている。

4月には、グレートバリアリーフ付近を航行していた中国船籍の船が座礁し、
サンゴ礁に3キロにおよぶ傷をつけ、重油2トンが流出する事故があった。
前年 3月にも、香港船籍の船が座礁して約20万リットルの重油が流出する事故が起きている。

▽ ソース AFPBB News
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/environment/2741194/5970354

▽ 画像
http://www.qbi.uq.edu.au/newsimages/JNM00017.jpg
JNM00017


続きを読む

lemegeton72 at 19:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをTwitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをYahoo!ブックマークに登録 このエントリーをDeliciousに追加


ブログパーツ