海外

2011年02月26日

【英国】「カツカレー」が「キャットスープカレー」「ワンタンスープ」が「1トンスープ」 言い間違い多発 このエントリーをTwitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをライブドアクリップに追加 このエントリーをYahoo!ブックマークに登録 このエントリーをDeliciousに追加

1 :やるっきゃ騎士φ ★:2011/02/23(水) 13:54:21.48 ID:???
[ロンドン 22日 ロイター] かつて英国人がテークアウトする料理といえば
「フィッシュ・アンド・チップス」が定番だったが、今では世界中のさまざまな料理も
人気となり、そのせいで注文時に「言い間違い」が多くなっているという。

配達サービスを行う「JustEat.co.uk」が今月受けた顧客8783人からの注文では、
言い間違いのトップだったのは日本の「カツカレー」。
電話で注文する際、「キャット・スープ・カレー」と言ってしまうケースが多いという。

「言い間違い」のトップ10は以下の通り。
1.キャット・スープ・カレー(カツカレー)・・・Cat Soup Curry (Katsu curry)
2.カンフーチキン(カンパオチキン)・・・Kung Fu Chicken (Gung Po Chicken)
3.1トンスープ(ワンタンスープ)・・・One tonne soup (Won Ton Soup)
4.ウォーガン・ジョシュ(ローガン・ジョシュ)・・・Wogan Josh (Rogan Josh)
5.ハシシ・ケバブ(シシ・ケバブ)・・・Hashish Kebab (Shish Kebab)
6.ポルノせんべい(エビせんべい)・・・Porn Crackers (Prawn Crackers)
7.ピロウ・ライス(ピラウ・ライス)・・・Pillow Rice (Pilau Rice)
8.ビーフジミーチャンガ(ビーフチミチャンガ)・・・ Beef Jimmy Changa (Beef Chimichanga)
9.チキン・ジャル・フレンジー(チキン・ジャルフレジ)・・・Chicken Jal Frenzy (Chicken Jalfrezi)
10.クリスピー・アクロバティック・ダック(クリスピー・アロマティック・ダック)・・・Crispy Acrobatic Duck (Crispy Aromatic Duck)

ソースは
http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-19682220110223
http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-19682220110223?pageNumber=2&virtualBrandChannel=0

450px-Katsukare-
続きを読む

lemegeton72 at 21:09|PermalinkComments(1)TrackBack(0)このエントリーをTwitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをYahoo!ブックマークに登録 このエントリーをDeliciousに追加

2011年02月15日

十代のころに書いた恥ずかしい日記の朗読会、ロンドンで静かなブームに このエントリーをTwitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをライブドアクリップに追加 このエントリーをYahoo!ブックマークに登録 このエントリーをDeliciousに追加

1 :月曜の朝φ ★:2011/02/15(火) 01:22:28 ID:???0
【2月14日 AFP】「1999年4月。わたしは恥ずかしい。わたしはキスがへたくそ過ぎた」――。
ロンドン(London)の満員のパブのステージ上、照明に照らされて、ふるえる指で小さな紫色の
本を持ったキャスリンさん(28)は11歳のころに書いた日記の一節を読み上げた。

これは、参加者たちが十代のころの恥ずかしい日記を代わる代わる朗読する「クリンジ・ナイト
(恥ずかしさで身が縮む思いのする夜)」の一幕だ。観客たちは笑いころげたり、一緒に恥ずか
しい気分になって楽しむ。いま、ロンドンでちょっとしたブームになっている。

キャスリンさんはクスクス笑いながら続けた。「1999年5月。フィルにデートに誘われた。断った
わ。だって、イエスと答えたら彼に気があると思われちゃうから」

■「正直な日記」の朗読は「楽しい心理療法」?

最悪の悪夢みたいな企画だ、と恥ずかしがりなティーンエイジャーたちは思うかもしれない。
けれど、イベントを主催したアナ・マクローリン(Ana McLaughlin)さんは次のように説明する。
「十代のころは、自分が世界の中心で、自分の身に起こったことはたぶん誰も経験したことの
ない最悪の出来事だと考えたりするけれど、そういうドラマってほんと爆笑モノなのよ」

フェースブック(Facebook)の投稿やブログの記事などは、人に読まれることを意識して書か
れているが、日記は基本的に誰にも見せるつもりのないもの。それだけに「完全に正直に書い
ているの」と、マクローリンさんは言う。

このイベントが心理療法よりも効果的で、はるかに楽しい理由は、日記を書いたときから長い
年月が経過しているためだ。クリンジ・ナイトで読み上げられる日記のほとんどは、書かれて
から10年以上が過ぎている。

「十分な時間が過ぎたから、動転したりせずに、むしろおかしくてばかげたことだって気づくのよ」
とキャサリンさんも同意する。

つづく

2 :月曜の朝φ ★:2011/02/15(火) 01:22:41 ID:???0
>>1つづき

一方の聴衆たちも、朗読者の日記に共感することが多い。なぜなら、そこには失恋や、親や
友人との関係、飲酒、陰うつな発想、妄想といった普遍的なテーマが書き込まれているからだ。
エミリーさんは15歳当時の日記にこう書いていた。「うちの家族なんて大っ嫌い。髪をカールして
ハッピーになりたいのに。もう自殺するしかないわ」

■リピーターも・・・読み手は女性が多め

とはいえ、景気付けにビールを数杯飲まなければステージに上がれない参加者もいる。「とても
不安をかき立てられる体験だったわ」と告白したクレアさんは、それでも「このイベントにリピータ
ーがいるわけもよくわかった。かなり興奮するの。観客も応援してくれるし、みんな笑ってくれる」
と語った。

クリンジ・ナイトは2005年に米国で始まった。英国には2007年に初上陸したが、最近になって
ようやく定期的に開催されるようになった。

前週開催されたロンドンのイベントの朗読者は大半が20~30代の女性だったが、マクローリン
さんによると、これは「女の子の方が日記を付けていることが多い」ためだそうだ。しかも、女の子
の日記のほうが内容も濃いという。

たとえば、女の子は一目見かけただけの男の子について、どんな服装だったかなど5ページに
わたって書き連ねたりする。ところが「男の子の場合は、『街へ出かけた。サラに会った。服が
似合ってた」でおしまいよ」とマクローリンさんは話した。(c)AFP/Beatrice Debut

http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2785330/6814028
続きを読む

lemegeton72 at 19:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをTwitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをYahoo!ブックマークに登録 このエントリーをDeliciousに追加

2011年01月17日

サウジアラビア「スパイ活動をしていたハゲワシを捕まえたぞ!GPSが証拠だ!」←学術目的の放鳥 このエントリーをTwitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをライブドアクリップに追加 このエントリーをYahoo!ブックマークに登録 このエントリーをDeliciousに追加

1 :フライングやるっきゃナイツφ ★:2011/01/06(木) 13:47:05 ID:???
サウジアラビアで先週捕獲された1羽のハゲワシに、スパイ疑惑が浮上している。
ハゲワシの体にGPS(全地球測位システム)発信器が取り付けられていたためで、
サウジ当局は政敵イスラエルの「偵察要員」と判断、「身柄」を拘束した。
一方のイスラエル側は学術目的の放鳥と主張しており、
「悲運のハゲワシの早期釈放を」と訴えている。

イスラエル紙ハーレツなどによると、ハゲワシ(翼を広げた長さが265センチ)は
サウジ国内の砂漠で地元住民に捕まった。
体にはカーナビにも使われるGPS発信器に加え、「R65テルアビブ大学」と
記された目印が付いていたため、地元メディアなどが
「ユダヤ主義者(シオニスト)の新手の刺客」と騒いだ。

イスラエル・メディアによると、GPSは生態観測のためにテルアビブ大が
装着したもので、このニュースにあきれた同国政府高官は「腰を抜かした」という。

ソースは
http://mainichi.jp/select/today/news/20110106k0000e030021000c.html
GPS発信器が取り付けられていたため、サウジアラビアで「身柄」を拘束されたハゲワシ=イラスト・田中美里
http://mainichi.jp/select/today/news/images/20110106k0000e040051000p_size5.jpg

20110106k0000e040051000p_size5

続きを読む

lemegeton72 at 17:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをTwitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをYahoo!ブックマークに登録 このエントリーをDeliciousに追加

2010年12月26日

「ブブゼラ」の代替利用案コンテスト 1位はイヤリング←???(写真あり) このエントリーをTwitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをライブドアクリップに追加 このエントリーをYahoo!ブックマークに登録 このエントリーをDeliciousに追加

1 :フライングやるっきゃナイツφ ★:2010/12/24(金) 11:54:07 ID:???
南アフリカで今年開催されたサッカーのワールドカップ(W杯)で応援道具として人気を集めた
地元の伝統的なラッパ「ブブゼラ」の代替利用案を競うコンテストがこのほど催され、
「イヤリング」案が1位に選ばれた。

ケープタウンに住む女性の提案で、賞金は1万南ア・ランド(約1500米ドル相当)。
女性はブブゼラによる騒々しい音でW杯観戦の興趣が削がれた経験を踏まえ、提案にはブブゼラによる
「埋め合わせ」を狙った意味合いもあるとしている。

ブブゼラ1個からイヤリング10個を作ることが出来る低コストの要素も強調。
円形状などのイヤリングは太いところや細いところがあるブブゼラの好きな部分を選び、
横から2度切断して作る。その幅も自由に決められる。
ブブゼラの色は多彩なので、さまざまな色を組み合わせてイヤリングを作ることが出来る。
女性のデザインを基に地元企業で大量生産の準備を進めているという。

コンテストはケープタウンにある広告会社レフトフィールドの企画で、7月11日のW杯決勝戦の
1週間後に開いたブログ「WoZela」で参加を募ったところ、150件以上の応募があった。
社内で20件、外部から20~50件程度の応募数を当初想定していたが、これをはるかに上回る反響に
驚いている。

あちこちで鳴り響いていたブブゼラを最初は嫌悪していた同社の担当者は「人々が吹きまくるの
を止めさせる方法を考えていた」とコンテスト開催の動機を説明。売れ残ったブブゼラの再利用を
図る狙いもあった。応募案には実用的なものから馬鹿げたものまであったが、大多数はブブゼラを
「吹く」機能を省くアイデアだった。ブブゼラを脚に用いたテーブル、鉢植え、ボウリングのピン、
トイレットペーパーのホルダー、クリスマスツリーの利用案などがあった。

レフトフィールド社はコンテストの応募案の展示会をケープタウンとヨハネスブルクで開く予定。
代替利用案は、けたたましい音で試合観戦に集中出来ず、選手の集中力を失わせるなどの不評も買った
ブブゼラのイメージ改善に役立つとも期待している。

ソースは
http://www.cnn.co.jp/fringe/30001207.html
学習机「エデュゼラ」
01

テーブル
02

イヤリング
03

ブブゼラ灯
04

05

植木鉢
06

ボウリングにも
07

ヒース・ナッシュ・ランプ。ヒース・ナッシュとの関係は残念ながら伝えられていない
08

トイレットペーパーホルダーにも
09

クリスマスツリー
10


続きを読む

lemegeton72 at 17:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをTwitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをYahoo!ブックマークに登録 このエントリーをDeliciousに追加

2010年12月20日

本物のダビンチ・コード?=モナリザの目に文字を発見 このエントリーをTwitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをライブドアクリップに追加 このエントリーをYahoo!ブックマークに登録 このエントリーをDeliciousに追加

1 :歩いていこう ◆ALONE.ghag @歩いていこうφ ★:2010/12/18(土) 23:25:41 ID:???
イタリア・ルネサンスの巨匠レオナルド・ダビンチが名画「モナリザ」に暗号を残していた-。
英紙デーリー・メールはこのほど、イタリアの文化財専門家がモナリザの目の中にダビンチの
イニシャルなど微細な文字を発見したと伝えた。
イタリアの国立文化遺産委員会のシルバノ・ビンチェティ委員長が明らかにした。肉眼では
分からないが、高度な拡大鏡を使ってモナリザを見ると、右目にダビンチのイニシャルである
「LV」が描かれていることが判明。さらに、左目には「CE」あるいは「B」と思われる記号が
あり、背景にある橋のアーチには「72」あるいは「L2」のような文字が見つかったという。
同委員会のメンバーがモナリザの目の謎に言及した古書を見つけ、その内容に触発されて調査が
実施された。ビンチェティ氏は発見した文字について「作者が描いたものだ。描かれた人物への
愛のメッセージかもしれない」と主張している。
一方、同紙には読者から「高度な拡大鏡の技術がないダビンチは、どのようにそれを描いたのか」
といった疑問も寄せられるなど、謎が謎を呼んでいる。

参考:http://fuji76.sakura.ne.jp/koku_plus/bbsdata/666-0.jpg
666-0

ソース:時事ドットコム  http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2010121800229

依頼がありました。
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1292238172/41


続きを読む

lemegeton72 at 19:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをTwitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをYahoo!ブックマークに登録 このエントリーをDeliciousに追加


ブログパーツ