未来技術

2010年11月16日

ドラえもんの手は理にかなっていた…何でもつかめて操作できるペタリハンド型ロボット(動画あり) このエントリーをTwitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをライブドアクリップに追加 このエントリーをYahoo!ブックマークに登録 このエントリーをDeliciousに追加

1 :一般人φ ★:2010/10/28(木) 21:27:21 ID:???
指は無いのに、どのような形でもつかむことができるうえ、水を注ぐ、ペンで書くなどの動作もできるロボットが発表された。全く新しい発想で作られている。

動画にあるシンプルなロボットは、コーヒーかすと電気掃除機で作られているが、コーヒーかすに限らず、クスクス[小麦粉から作る粒状の粉食]や砂といった他の粒子も利用できると、
研究チームの一員であるシカゴ大学のEric Brown氏は述べる。研究論文は、オンライン版の『Proceedings of the National Academy of Sciences』((PNAS)10月25日付け)に発表された。

何かを持ち上げるときには、ゆるく詰めたコーヒーかすの袋が対象物に密着する。
その後、粒子間に存在する空気を電気掃除機で吸い取ると、袋が固くなり、対象物の輪郭に沿った形の強力な万力のようになって固定される。
開始時の袋の体積を、わずかに――全体の1%未満――減らすだけで、対象物を十分に固定できることを研究チームは確認している。

このロボットは、「ジャミング転移」現象を利用している。ジャミング転移とは、[粉体が]液体に似た性質(乾いた砂がバケツからこぼれるなど)から、
固体(硬く固められた砂の城)へと変化するプロセスだ。[粉体は密度が低い場合は通常の流体のように流動するが、密度がある値を超えて高くなると流動性を失い、固体のように振る舞うという現象]

このロボットの球状部分は、どのような形にも均等に接触できるため、非常に多くの物に対応できる。
「われわれの目標は、事前にその物体の形状がわからなくてもそれをつかめるようにする、というものだった」とBrown氏は説明する。

これまでの「物をつかむロボット」は「指」を使ってきた。
しかし、2本指であれ5本指であれ、もっと数の多い指であれ、あらゆる物に対応できるよう調整することは複雑で困難だった。
今回のロボットのアプローチはそれとは根本的に異なるものだ。

つかみロボットは、ペンやショックアブソーバー等をつかむだけでなく、水の入ったコップを持って注ぐことも、ペンを持って書くことも適切にこなしている。
4リットル近い水が入った2つの水差しをロープでつないだものを、片方の水差しの持ち手をつかんで持ち上げるという、さらに思い切った技も披露した。
また、ロボットハンドに対する究極のテストの1つとして、生卵を持ち上げている。
硬い金属のハサミや指では、一部の小さな箇所に力が集中し、もろい殻を割ってしまうため、非常に難しい作業だ。

「デリケートな物体を持ち上げるときの困難さは、圧力が適切でないといけないということだ。
圧力が少なすぎれば物体は落ちてしまうし、多すぎればその物体を壊してしまう」と、MITの機械工学研究者Peko Hosoi氏は説明する(同氏は研究には参加していない)。
「今回の新しいロボットでは、形状全体を適切に包むので、非常に少ない圧力で操作することができる。さらに、センサーからのフィードバックも不要だ」

現状のロボットには、圧力の方向が適切でないと物を持ち上げられないという問題があり、例えばコーヒーカップの取ってを持ってもカップを持ち上げることはできない。
Brown氏は、従来のような「指」も追加することで、より操作対象を広げることができると考えている。

Brown氏らの計算によると、同様のつかみロボットを直径1メートルで作成すれば、重さ1トンの物体を持ち上げられるほど強力になるという。
例えば、災害現場での救助活動などでの利用が期待されている。

「これは業界全体を刷新しうる技術だ」とHosoi氏は述べた。「アイディアは非常にシンプルだが、効果的で強力だ」

[日本語版:ガリレオ-平井眞弓/合原弘子]

▽記事引用元 WIRED VISION(2010年10月27日)
http://wiredvision.jp/news/201010/2010102722.html

▽動画 動作の様子
http://vimeo.com/16185356

▽PNAS「Universal robotic gripper based on the jamming of granular material」Abstract

依頼がありました
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1288103897/118

無題


続きを読む

lemegeton72 at 21:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをTwitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをYahoo!ブックマークに登録 このエントリーをDeliciousに追加

2010年11月01日

グーグルが開発中のロボットカー 内蔵の地図データで自律走行 このエントリーをTwitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをライブドアクリップに追加 このエントリーをYahoo!ブックマークに登録 このエントリーをDeliciousに追加

1 :TOY_BOx@みそしるφ ★:2010/10/18(月) 03:01:32 ID:???
グーグルが開発中のロボットカー。そのデモ走行の映像が12日、
動画共有サイトで公開された。

このロボットカーは、先代トヨタ『プリウス』をベースに開発。
最新鋭のカメラやレーダーが採用され、車両周囲の交通状況や
歩行者、障害物などを検知。例えば、前方に横断中の歩行者がいる場合、
自動的にブレーキをかけて停止する。

また、ロボットカーには詳細な地図データを搭載。
この地図データに加えて、ロボットカーが集めた情報をグーグルの
データセンターが高速処理し、自律走行ルートが決められる。
グーグルによると、ロボットカーの開発は、交通事故で死亡する人を減らすのが狙いだという。

グーグルのエリック・シュミットCEOは9月29日、サンフランシスコで開催した
イベントで講演し、「車は自動運転が望ましい」とする自らの考えを表明。
今回のロボットカーの開発は、同CEOの考えに一致する。

米メディア、ABCニュースはグーグルのロボットカーに同乗試乗。
その映像を動画共有サイトで公開している。

ロボットカーのテスト映像(キャプチャー)
 http://response.jp/imgs/zoom/286959.jpg
 http://response.jp/imgs/zoom/286960.jpg
 http://response.jp/imgs/zoom/286961.jpg
 http://response.jp/imgs/zoom/286962.jpg
 http://response.jp/imgs/zoom/286963.jpg
 http://response.jp/imgs/zoom/286964.jpg
286959

286960

286961

286962

286963

286964


動画:Google Car: It Drives Itself - ABC News
 http://www.youtube.com/watch?v=-nYhKD8leAg


▽記事引用元 : response.jp 2010年10月15日(金) 15時45分
 http://response.jp/article/2010/10/15/146435.html

*依頼ありました。
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1286952297/50

続きを読む

lemegeton72 at 21:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをTwitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをYahoo!ブックマークに登録 このエントリーをDeliciousに追加

「さらば、地球よ…」人型ロボット、宇宙に永住 ディスカバリー号最後の打ち上げで(関連動画が凄い) このエントリーをTwitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをライブドアクリップに追加 このエントリーをYahoo!ブックマークに登録 このエントリーをDeliciousに追加

1 :一般人φ ★:2010/10/27(水) 22:27:57 ID:???
米スペースシャトル「ディスカバリー」が11月2日(米東部時間1日)、「宇宙に永住する世界初の人型ロボット」を乗せて
フロリダ州ケネディ宇宙センターから打ち上げられることになった。米航空宇宙局(NASA)が26日(同25日)に発表した。

 ロボットは、NASAと米自動車メーカーのゼネラル・モーターズが共同開発した「ロボノート2」(重さ約150キロ)。
上半身型で腰から下はないが、長さ約80センチの腕や指先を動かして宇宙飛行士と同じ道具を操ることができる。
国際宇宙ステーション(ISS)に長期滞在し、人に代わって危険な船外活動を担う将来のロボット開発に向けた実験を行うという。

 年内では最後のシャトル打ち上げ。シャトルは来年退役予定で、ディスカバリーは84年8月の初飛行以来、39回目の今回が最終飛行となる。【山田大輔】

▽記事引用元 毎日新聞 2010年10月26日 19時51分(最終更新 10月26日 20時38分)
http://mainichi.jp/select/science/news/20101027k0000m040028000c.html

▽写真 「宇宙に永住する世界初の人型ロボット」となる「ロボノート2」=NASA提供
http://mainichi.jp/select/science/news/images/20101027k0000m040030000p_size5.jpg 20101027k0000m040030000p_size5


▽リンク NASA Space Shuttle News
http://www.nasa.gov/mission_pages/shuttle/main/index.html

続きを読む

lemegeton72 at 19:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをTwitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをYahoo!ブックマークに登録 このエントリーをDeliciousに追加


ブログパーツ