心理学

2010年09月05日

「敗者のがっかり」見て喜ぶ脳 自己愛の強い人ほど反応大 このエントリーをTwitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをライブドアクリップに追加 このエントリーをYahoo!ブックマークに登録 このエントリーをDeliciousに追加


1 :かえりちりめんφ ★:2010/09/04(土) 17:22:18 ID:???
「敗者」の悔しい表情を見た「勝者」の脳の反応を、放射線医学総合研究所(千葉市)の研究チームがとらえる
ことに初めて成功した。

脳の前頭葉と呼ばれる部位で通常より強い電気信号が現れ、自己愛(ナルシシズム)の強い人ほど反応が
大きかったという。神戸市で4日開かれた日本神経科学学会など3学会の合同大会「ニューロ2010」で
報告された。

他人の幸福や不幸に対し、同じ気持ちを抱く心理状態が「共感」と呼ばれるのに対し、野球やサッカーなどの
試合で勝者が敗者の悔しい表情を見て喜ぶ感情は「反共感」と呼ばれている。

研究チームは、反共感の際、実際に反応する脳の部位を確認するため、トランプで数の大きい方が勝ちとなる
単純なゲームを実施。敗者の悔しげな表情を見た勝者では、前頭葉の前部帯状回と呼ばれる部位に現れる
「フィードバック関連陰性電位」という電気信号が、通常よりも強く脳波計で測定された。

被験者に自己愛度を測る心理テストも受けてもらったところ、自己愛の強い人ほど、この電位が高くなった。
一方、相手に同情しがちな人では、電位はあまり変わらなかった。

チームの山田真希子研究員は「自己愛性人格障害など様々な対人関係障害の病態理解につながる」と話して
いる。
news2ch73901
ソース
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=30330

続きを読む

lemegeton72 at 18:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをTwitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをYahoo!ブックマークに登録 このエントリーをDeliciousに追加

2010年07月13日

子供の頃怖かったものについて@心理学板 このエントリーをTwitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをライブドアクリップに追加 このエントリーをYahoo!ブックマークに登録 このエントリーをDeliciousに追加

1 :1:04/08/03 18:51
こういうスレ前にもあったかもしれませんがどうでしょ。。
皆さんの子供の頃怖かったものを教えて下さると嬉しいです。
漠然と怖かったモノやシチュエーション、音、形、場所、色、言葉
感触、何でもいいです。
できれば子供の頃のを。今も怖いでもいいんですけれど。
理由が分かるならば、思いつく理由も添えて。
共感や分析し合うも自由で。

続きを読む

lemegeton72 at 19:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをTwitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをYahoo!ブックマークに登録 このエントリーをDeliciousに追加


ブログパーツ