不思議な日本

2010年11月09日

烏天狗の正体が判明!写真あり このエントリーをTwitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをライブドアクリップに追加 このエントリーをYahoo!ブックマークに登録 このエントリーをDeliciousに追加

1 :ちくわ部φ ★:2010/11/09(火) 18:29:18 0
「カラス天狗(てんぐ)のミイラ」として知られる和歌山県御坊市所蔵の「生身迦樓羅王尊像
(しょうじんかるらおうそんぞう)」(江戸時代)の正体が、同県によるコンピューター断層
撮影(CT)で、2羽の鳥の骨や粘土で作った造作物と分かった。

像は高さ39・3センチ。木製の岩座に立った姿で、厨子(ずし)の中に納まっている。

県が3年前、エックス線CTで解析。粘土を材料にした頭に鳥の頭部を納め、くちばしを
外に出し、手足も鳥の足と粘土で作ってあることが分かった。骨格からトンビとみられる。

その後、「夢がなくなる」などと公表を控えていたが、県立紀伊風土記の丘(和歌山市)
での展覧会で、結果を公開することにした。

◆カラス天狗=山伏装束で深山に住むという想像上の生き物。鼻の高い大天狗と違い、
くちばしを持っている。剣術が得意で京都の鞍馬山で牛若丸(源義経の幼名)に教えたという
伝説がある。

http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20101109-OYT1T00590.htm
http://www.yomiuri.co.jp/photo/20101109-594433-1-L.jpg
20101109-594433-1-L

続きを読む

lemegeton72 at 20:40|PermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをTwitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをYahoo!ブックマークに登録 このエントリーをDeliciousに追加

2010年10月25日

フランス人から見ると「日光東照宮はベルサイユ宮殿と似ている」らしい このエントリーをTwitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをライブドアクリップに追加 このエントリーをYahoo!ブックマークに登録 このエントリーをDeliciousに追加

1 :月曜の朝φ ★:2010/10/25(月) 19:56:02 ID:???
  東京から交通の便がよく、気軽に伝統的な日本を体験できるために国内外の観光客に
人気の栃木県日光市。日光東照宮を中心に、豊かな自然も満喫できる。日光東照宮は、
徳川初代将軍徳川家康を祭った神社で、日本全国にある東照宮の代表的な存在である。

  日光東照宮を訪れたというフランス人のブログ「France Trotting」では、日光東照宮を
「日本におけるベルサイユ宮殿のようだ」と表現し、魅了された様子を伝えている。

  ユネスコ世界遺産にも登録されている日光東照宮だが、その称号に十分値すると述べ
ている。長く豊かな歴史や、壮大な自然の中で引き立つ建築物が素晴らしく、数時間は
あっという間に経過してしまうほど、と記している。

  筆者は京都などを訪れており、日本の伝統的な建物は、華美な装飾を施してあるより
は、シンプルなほうが美しいと感じていたという。しかし日光東照宮では、日本の建築物
としては急進的ともいえる装飾があったと指摘。ディテールに凝った装飾を見るにつけ、
手の込んだ華麗な装飾で知られる「ベルサイユ宮殿」を思い起こしたようだ。

  日光東照宮の建物には、時の権力者であった徳川家康の武勇や政治力、カリスマ性
や虚栄心が見事に反映されているようで、これらはベルサイユ宮殿建立時の権力者で
あったブルボン王朝のルイ14世と通じるところがある、と印象を述べている。

  両建築物とも、首都圏から電車で気軽に行ける距離にあり、日帰りでも楽しめる。活躍
した時代も国も異なるが、強大な力を持つ権力者に通じる、人間の根底にある権力の誇
示欲やそれを実現できるだけの力に思いをはせながら、建物を鑑賞してみるのも興味深い
だろう。(編集担当:山下千名美・山口幸治)
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=1025&f=national_1025_058.shtml
800px-NikkoYomeimon5005


続きを読む

lemegeton72 at 22:58|PermalinkComments(3)TrackBack(0)このエントリーをTwitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをYahoo!ブックマークに登録 このエントリーをDeliciousに追加

2010年10月20日

外国語苦手の原因の「日本語耳」 生後14カ月ですでに獲得しているとの研究結果 このエントリーをTwitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをライブドアクリップに追加 このエントリーをYahoo!ブックマークに登録 このエントリーをDeliciousに追加

1 :TOY_BOx@みそしるφ ★:2010/10/12(火) 21:57:09 ID:???
日本人が外国語の音の聞き分けが苦手な原因の一つとされる「日本語耳」を、
生後14カ月の赤ちゃんが獲得しているとの研究結果を、理化学研究所と
フランスの研究チームが12日までにまとめた。

日本語の音韻体系がこの時期には既に身に付いていることを示すもので、
どのようにして母国語を習得するかの理解や、音韻が大きく異なる外国語の
習得法開発につながるのではないかという。

日本語は母音だけか、子音と母音を組み合わせており、子音の連続はない。
このため日本人は母音がない外国語を聞くと、日本語に合うように
「う」や「お」の母音を挿入し、日本語に「修復」して聞く。
これが「日本語耳」で、発音も修復したものになるとみられている。

研究では、日本とフランスの生後8カ月と14カ月の乳幼児各24人(計96人)に、
子音の連続語や、子音と母音の組み合わせ語を聞かせたところ、
生後14カ月では日本の赤ちゃんだけが区別できなくなった。

▽記事引用元 : 2010/10/12 21:33 【共同通信】
 http://www.47news.jp/CN/201010/CN2010101201000936.html
理化学研究所プレスリリース 平成22年10月12日
外国語に母音を挿入して聞く「日本語耳」は生後14カ月から獲得 
http://www.riken.go.jp/r-world/info/release/press/2010/101012/detail.html


418px-Earcov
続きを読む

lemegeton72 at 19:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをTwitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをYahoo!ブックマークに登録 このエントリーをDeliciousに追加

2010年10月03日

日本の自動車メーカーの不思議な歴史まとめ このエントリーをTwitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをライブドアクリップに追加 このエントリーをYahoo!ブックマークに登録 このエントリーをDeliciousに追加

542 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2010/10/02(土) 20:45:41 ID:eMA3Ttxi [2/5]
日本の自動車メーカーだと

ダイハツ→技術者集団が工場用大型エンジン製造のため設立、国鉄とつるんでSLの部品や電車の自動ドアなども作る。
     その後の昭和初期、社外販売用に小型エンジンを作ったが、どこのバイク屋もオート三輪屋も採用してくれないので
     自前でオート三輪トラックを作り出したら、当たった
マツダ→器用なコルク加工・機械加工メーカーが「オート三輪は儲かりそうだ」と見てダイハツと同時期に業界参入、成功
いすゞ→まともな大型トラックが欲しい戦前の政府と軍が、
     うだつの上がらない零細自動車メーカーのダット自動車、
     エンジンや機械製造で戦前の有力メーカーだった東京瓦斯電気工業の(儲からない)自動車部門、
     名門重工企業・石川島造船の系列の(儲かってない)石川島自動車を、国策合併させた
日産→いすゞができる時「役に立たないからイラネ」と放出されたダット系の一部の小型車工場・人材を、
     新興財閥の戸畑鋳物が多角化のため頂いちゃった
     コンツェルン名を「日本産業」としたのでその自動車部門が「日産自動車」となる。
トヨタ→自動織機業界のトップメーカーの御曹司が、自動車開発の野心で大金投入して参入。いすゞ・日産と共に軍需で伸びる
日野→いすゞの特殊車部門で旧・瓦斯電系エンジニアのすくつだった日野工場が
     戦時中に政府命令で分社され、戦後そのまま元サヤに収まらず大型車両屋になっていすゞのライバルに

543 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2010/10/02(土) 20:48:23 ID:eMA3Ttxi [3/5]
戦後参入組はややアレで

ホンダ→丁稚上がりの頭に血が上った凶暴なおっさんが、終戦後、払い下げの軍用小型発電エンジンで原付バイクを作り始め、
     有能なマネージャーが暴れるおっさんをうまく操縦したので、暴走しながら四輪車メーカーに発展
スズキ→上のヤバイおっさんが自転車にエンジン付けて商売に成功しているのを見た
     近所の織機メーカーの婿養子が、「ウチもやってみようか」と参入、
     バイクと軽とでちまちまやりながら、次の代の婿養子のえぐい手腕で伸びて成功
スバル→敗戦で食い詰めた元軍用機設計者たちが、スクーターやバスボディなど作れるモノを作ってあがいた末、
     「大人4人乗れる軽自動車作ったら一山当てられるんじゃね?」
     と無謀なことを考え、持ち合わせた変態技術を盛大に無駄遣いしてオーパーツのような軽乗用車を実用化、
     変態を連発して自社ブランド確立

545 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2010/10/02(土) 20:57:21 ID:tUz/VKRV
とりあえずヤマハの歴史もコピペしとくか


ヤマハの歴史
・最初は輸入ピアノの修理→楽器関係作る
・楽器やってた流れで電子楽器も作る→DSPも作る
・DSPを他に利用しようとして→ルータ作る
という流れで、楽器、電子機器、ネットワーク関係の製品を作るようになった。

じゃ、なんで発動機や家具とかも作ってるかというと、

・ピアノの修理で木工のノウハウが溜まる→家具を作る→住宅設備も作る
・戦時中に軍から「家具作ってるんだから木製のプロペラ作れるだろ」といわれて戦闘機のプロペラ作る→ついでにエンジンも作る
・エンジン作ったから→バイクも作る
・エンジン作ったから→船も作る→船体作るのにFRPを作る
・FRPを利用して→ウォータスライダー→ついでにプールも作る

547 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2010/10/02(土) 21:21:35 ID:eMA3Ttxi [4/5]
>>545
そのヤマハコピペは、エンジンの所が間違いだが、いつになっても直らない。

戦時中の軍需加工経験で、精密機械加工技術が習得できたので、
近所でヤバイおっさんの会社や、変な織機メーカー上がりの会社がバイクを作ってぶいぶい言わせてるのを見て

「ウチの力なら、ドイツ製の高性能小型バイクぐらいフルコピーできそうだな」

……原付自転車用エンジン作りではなく、
最初からエンジンもフレームも、当時のドイツの優秀車DKWを丸パクリして、ほぼ遜色ない製品を作ってしまった。
それはそれで凄い。

546 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2010/10/02(土) 21:02:38 ID:WxL0Xge6

544 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2010/10/02(土) 20:56:57 ID:AhW7o+5w
三菱は?

549 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2010/10/02(土) 21:34:16 ID:eMA3Ttxi [5/5]

1.大正時代、財閥の見栄でフィアット車のコピーを作ってみる→頑張っても儲けにならないのですぐやめた
2.昭和に入り、「おまいらも作ってくれんか?」と国から尻を叩かれ、
  スイス車のサウラーなどを参考にして、「ふそう」ブランドのトラックやバスの製造に乗り出してみるが、
  当時は軍用機や艦船の方が忙しくて、そんなに力が入ってなかった。戦前、国産トラックで一番信用があったのはいすゞ。
3.戦後、食い詰めて否応なくトラック・バスやスクーター製造を始めるが、会社が地方毎に3つに分割されてしまう
  これでもたついて、しばらくして再統合しても何だかおかしい
4.昭和30年代、国が国民車構想という変なことを考えて(ポシャった)、唯一、真に受けて(素直すぎる)
  変なミニカーを作ってしまうが売れない
  でも財閥の見栄でそのままもっと大きい乗用車を作り始める。今度はフィアットにライセンス生産を申し込むが断られた
5.しかし頭が悪いのか、名古屋&京都の工場と、岡山水島の工場で、クラスが完全にかぶる小型車とか、中型トラックを別々に開発とかする
6.自動車部門が重工本体から分社されるが、何しろ財閥の見栄でいらんことばかりやって、
  いろいろあって……あんなことになっている


550 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2010/10/02(土) 21:48:38 ID:TJCtAtmr
三菱鉛筆ネタも入れて!

551 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2010/10/02(土) 22:14:53 ID:CpsHoE66 [2/2]
今の東京三菱銀行の前身である三菱銀行も、元を辿れば
三菱鉛筆資金部が独立・分社してできたもの。
現在の三菱商事も、そもそもの淵源は三菱鉛筆販売部が
販路を世界に拡大するために分社化して設立された。
三菱倉庫は、三菱鉛筆が製品の鉛筆を保管しておくために
建てた一棟の倉庫がルーツとなっている。
三菱重工業も、三菱鉛筆が鉛筆製造の機械をドイツからの
輸入に頼っていたのを自社生産すべきだとなって社内に
設立した三菱鉛筆機械製作所が、他の機械の生産も手がける
ようになり、その後拡大に拡大を重ねて現在のような大企業にまで成長した。
また、日本光学(現ニコン)は三菱鉛筆が鉛筆を切断する際、より高速に
切断できるように非接触で長さを測れる測距儀を製作したのが始まりである。

三菱地所は、三菱鉛筆が将来の事業拡張に備えて確保して
おいた用地を自社で使う予定が変更になったため、ビルを
建設して賃貸に出し利益を上げようと設立した三菱鉛筆不動産部が発展したものだ。
また,三菱鉛筆は、早い段階から社員の福利厚生にも注力
していたが、特に力を入れていたのが社員の家庭を守る
ための生命保険制度で、この三菱鉛筆独特の生命保険制度が
今日の明治生命保険の母体となっていることは周知の事実であろう。

ある年の冬に倉庫が全焼して鉛筆10万本も焼失した。これを契機に損害保険業務子会社をつくり後に東京海上となった
三菱製紙は鉛筆製造時に発生する木屑を有効利用する事業として始まった。
三菱樹脂はシャープペンの芯に混ぜ込む樹脂の研究チームが独立した。
三菱マテリアル(旧三菱金属)はボールペンや消しゴム付き鉛筆に使う金属素材の調達部署であった。
三菱化学は鉛筆装着用消しをゴム開発することからスタートした。
麒麟ビールは鉛筆の芯に使用する黒鉛を製造する際の熱源として
当時使われていた麦わらの麦の有効利用のため創業された。

552 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2010/10/02(土) 22:31:05 ID:NayIPGfk
どこからつっこんでいいのやらw

553 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2010/10/02(土) 23:06:48 ID:JIAsVNDf [2/3]
トラクター会社のおっさんが、スポーツカーに乗りたくてフェラーリに行く

「この田舎者がw」みたいな態度をとられ、ぶちギレる

「もうてめぇん所じゃ買わねぇ!自分で好きな車造りゃいいんだろーが!」


ランボルギーニ誕生

555 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2010/10/03(日) 00:37:40 ID:tjbPL4Vv
>>553
こち亀のあの話はまさにそのエピソードのことだったんだ(笑)

554 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2010/10/02(土) 23:22:16 ID:JIAsVNDf [3/3]
ちなみに、ランボルギーニはRVも出してるんだが
これが、ハマーと同程度のサイズのボディに、カウンタックのV12ガソリンエンジンを積むという
ものすごく頭の悪いコンセプトの車だったりするw

低速で走る時は半クラッチでエンジンぶん回さないとストールするし
燃費は戦車なみに悪い

556 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2010/10/03(日) 01:25:42 ID:Fpnz5ugk
>>554
イタリア軍の注文で作ったんだから仕方が無い


>>544
三菱は、やる気があるのかないのかわからない

日本すごいな。今はぼちぼちアジアでも自動車会社できはじめたが
こんだけ大した自動車メーカーがアジアの一国にあるんだからなあ

lemegeton72 at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをTwitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをYahoo!ブックマークに登録 このエントリーをDeliciousに追加

2010年09月29日

技術大国日本…レアアースを使わずネオジム磁石の保磁力高める技術開発/レアアース使用量を低減、代替する技術を開発 このエントリーをTwitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをライブドアクリップに追加 このエントリーをYahoo!ブックマークに登録 このエントリーをDeliciousに追加

レアアースのジスプロシウム使わずネオジム磁石の保磁力高める技術開発…物質・材料研究機構

1 :◆SWAKITIxxM @すわきちφφ ★:2010/09/02(木) 13:02:53 ID:??? ?2BP(1056)
 物質・材料研究機構はレアアース(希土類)のジスプロシウムを使わずに
ネオジム磁石の磁力を保持する耐久力(保磁力)を高める技術を開発した。
原料のネオジム磁石粉にネオジム銅合金を拡散。
粉中の微小結晶の界面組成を制御し実現した。
ハイブリッド車(HV)の駆動モーターに使う高性能ネオジム磁石の
材料調達の効率化やコスト低減などにつながると期待される。
 ネオジムと鉄、ホウ素からなる通常のネオジム磁石は、
温度上昇で保磁力が低下する。
そのため、約200度Cの高温になるHV用モーターでは、
ネオジムの4割をジスプロシウムに置き換えた磁石を使っている。
 ジスプロシウムは希少な上、
全体の9割以上が中国で産出されており、
使用量の削減が課題となっている。


日刊工業新聞
http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0720100902eaab.html
物質・材料研究機構>プレスリリース
http://www.nims.go.jp/news/press/2010/08/p201008301.html

続きを読む

lemegeton72 at 17:14|PermalinkComments(1)TrackBack(0)このエントリーをTwitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをYahoo!ブックマークに登録 このエントリーをDeliciousに追加


ブログパーツ