スポーツ

2010年10月06日

サウスポーの方が骨への負担が大きい…そういえば左利きの平均寿命は10年短いとか このエントリーをTwitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをライブドアクリップに追加 このエントリーをYahoo!ブックマークに登録 このエントリーをDeliciousに追加

1 :白夜φ ★:2010/06/30(水) 02:38:21 ID:???
サウスポー、右投げ投手より骨への負担大きい=米研究
2010年 06月 29日 15:29 JST

[ニューヨーク 28日 ロイター] 
野球のピッチャーは左投げの方が、右腕投手と比べて負傷を招きやすいという。
米テキサス・メトロプレックス・インスティチュート・フォー・スポーツ・パフォーマンスの
運動・動作分析センターの研究チームが調査結果を発表した。
 
研究チームでは、大学でプレーする野球選手計84人を対象にその投球フォームなどを分析。
その結果、左投げのピッチャーでは、右腕投手と比べて、肩からひじにかけての「上腕骨」に
より大きな負担がかかっていた。この骨に過度なストレスがかかれば、骨折の可能性もあるという。

同チームによると、米大リーグ(MLB)で過去にこのようなけがをしたピッチャーは
4人だけだが、そのすべてが左腕投手だった。

この研究結果は、米医学誌「The American Journal of Sports Medicine」(電子版)に掲載された。

---------------------------
▽記事引用元
http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-16050620100629
REUTERS

▽関連リンク
The American Journal of Sports Medicine
Throwing Arm Dominance in Collegiate Baseball Pitching: A Biomechanical Study
http://ajs.sagepub.com/content/early/2010/06/10/0363546510365511.abstract
300px-2scissors

続きを読む

lemegeton72 at 20:27|PermalinkComments(1)TrackBack(0)このエントリーをTwitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをYahoo!ブックマークに登録 このエントリーをDeliciousに追加


ブログパーツ