はやぶさ

2010年11月30日

はやぶさ「こんなこともあろうかと、カプセルをひっくり返して底をトントン叩いたら、結構大きい粒子が出てきたよ」 このエントリーをTwitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをライブドアクリップに追加 このエントリーをYahoo!ブックマークに登録 このエントリーをDeliciousに追加

1 :◆SWAKITIxxM @すわきちφφ ★:2010/11/29(月) 19:15:05 ID:??? ?2BP(1056)
6月に地球に帰還した小惑星探査機「はやぶさ」の試料容器から、
0・1~0・01ミリ・メートルの新たな粒子数百個が見つかった。

宇宙航空研究開発機構が29日、発表した。
この容器からは、小惑星イトカワの非常に小さな粒子約1500個がすでに見つかっている。
今回の粒子は、これに比べて10倍ほどの大きなものだという。
宇宙機構は今後、電子顕微鏡を使って、この粒子がイトカワのものかどうかを調べる。

宇宙機構によると、容器を逆さにして軽い衝撃を与えたところ、
容器の中から新たな粒子がこぼれ落ちた。
これまでの調査でも、0・01ミリ・メートル前後の粒子は約60個見つかっており、
今後はこれと合わせてイトカワ由来かどうかを調べる。
今回見つかった数百個のなかには岩石質のものも数多く含まれており、
3分の1から半分ぐらいがイトカワの粒子である可能性もあるという。

YOMIURI ONLINE
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20101129-OYT1T00863.htm
続きを読む

lemegeton72 at 18:34|PermalinkComments(1)TrackBack(0)このエントリーをTwitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをYahoo!ブックマークに登録 このエントリーをDeliciousに追加

2010年11月16日

はやぶさカプセル内の微粒子約1500個 小惑星イトカワ由来であることが判明 このエントリーをTwitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをライブドアクリップに追加 このエントリーをYahoo!ブックマークに登録 このエントリーをDeliciousに追加

1 : ◆KzI.AmWAVE @Hφ=Eφ ★:2010/11/16(火) 12:17:07 ID:??? ?2BP(135)

「はやぶさ」見事、小惑星の粒子1500個

6月に地球に帰還した小惑星探査機「はやぶさ」の試料容器から、小惑星イトカワの微粒子約1500個が見つかったと、
宇宙航空研究開発機構が16日、発表した。

粒子は大きさ0・001~0・01ミリ・メートルほどで、電子顕微鏡で調べたところ、その大半がイトカワの岩石と同じような
成分で出来ていることが分かった。月よりも遠い天体の表面から試料を持ち帰ることに成功したのは、人類史上初の快挙となる。
太陽系の成り立ちをひもとく重要な成果として、世界中から注目されている。

はやぶさは2003年に打ち上げられ、05年11月、イトカワに着陸。離陸直後、燃料漏れで姿勢が崩れ、7週間にわたって
通信が途絶した。しかし、多くのエンジンが故障した機体を研究者らが巧みに遠隔操作し、今年6月、地球への奇跡的な
帰還にこぎ着けた。月より遠い天体に着陸した探査機の帰還は世界初で、イトカワの試料を収めた容器も回収された。

容器には、イトカワの砂を採取する計画だった。しかし、砂ぼこりを舞い上げるための弾丸発射装置が作動せず、
砂の採取に失敗した。それでも、宇宙機構は「着陸の衝撃で舞い上がった微粒子が容器に入り込んだはずだ」と推測。
回収した試料容器の中を、特殊なヘラでかき取り、ヘラに付着した微粒子を顕微鏡などで分析していた。

その結果、約1500個の微粒子は、大半がカンラン石や輝石などの岩石で、地球のものに比べて鉄の含有量が非常に
多いことがわかった。はやぶさが着陸前にイトカワを外側から詳しく観測した時のデータと比較したところ、鉱物の成分が
ほぼ同じだった。宇宙機構以外の専門家も加えて会議を開き、「微粒子はイトカワのもの」と結論した。

宇宙機構は今後、粒子をさらに詳しく分析。小惑星がどうやって出来たのか、また初期の太陽系はどのような物質で
出来ていたのかなどの謎に挑む。
(2010年11月16日09時21分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20101116-OYT1T00208.htm


宇宙航空研究開発機構プレスリリース
はやぶさカプセル内の微粒子の起源の判明について
http://www.jaxa.jp/press/2010/11/20101116_hayabusa_j.html

関連スレ
【宇宙開発】「はやぶさ」微粒子1500個に 詳しい分析へ準備着々
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1289303581/

続きを読む

lemegeton72 at 16:38|PermalinkComments(1)TrackBack(0)このエントリーをTwitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをYahoo!ブックマークに登録 このエントリーをDeliciousに追加

2010年10月27日

はやぶさ 持ち帰った微粒子860個に増殖 このエントリーをTwitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをライブドアクリップに追加 このエントリーをYahoo!ブックマークに登録 このエントリーをDeliciousに追加

1 :TOY_BOx@みそしるφ ★:2010/10/25(月) 21:16:07 ID:???
宇宙航空研究開発機構(JAXA)は25日、小惑星探査機「はやぶさ」が
持ち帰ったカプセルの調査で、地球外物質の可能性がある微粒子が
約860個に増えたと発表した。

大半が電子顕微鏡でようやく判別できる微粒子で取り扱いが難しいため、
成分などの分析法を検討している。調査は継続中で、数はさらに増えそうだ。

JAXAはテフロン製ヘラ(長さ6ミリ、幅3ミリ)で、小惑星「イトカワ」の
物質を集める小部屋の内壁をこそぎ、電子顕微鏡でヘラに付着した
物質を調べている。約3週間でヘラの半分を調べた結果、ケイ素や
マグネシウムなどを含んだ直径0.01ミリ以下の微粒子が約800個見つかった。

はやぶさ打ち上げの際に混入した桜島(鹿児島県)の噴煙か、
イトカワ表面のちりかを見分けるには、詳細な分析が必要という。

他にもカプセル内の小部屋から約60個の微粒子が回収されている。


収納容器をなぞったヘラの先端部の電子顕微鏡画像。
 丸で囲んであるのが、岩石質など従来見つかっていたものと異なる微粒子
 http://mainichi.jp/select/science/news/images/20101026k0000m040038000p_size5.jpg 20101026k0000m040038000p_size5

▽記事引用元 : 毎日新聞 2010年10月25日 19時43分(最終更新 10月25日 20時06分)
 http://mainichi.jp/select/science/news/20101026k0000m040029000c.html
参考リンク
大塚実の取材日記 はやぶさウィークリーブリーフィング第10回(速報版)
 http://blog.goo.ne.jp/pepani/e/7400a63dbdadbace071d7eaad27bc7c2
参考スレ
【宇宙】「はやぶさ」に地球外物質か、微粒子数十個発見 2010/10/06
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1286305980/

続きを読む

lemegeton72 at 20:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをTwitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをYahoo!ブックマークに登録 このエントリーをDeliciousに追加

2010年10月01日

新方式の微粒子回収開始 「はやぶさ」で宇宙機構 このエントリーをTwitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをライブドアクリップに追加 このエントリーをYahoo!ブックマークに登録 このエントリーをDeliciousに追加

1 :一般人φ ★:2010/09/27(月) 21:13:20 ID:???
 宇宙航空研究開発機構は27日、小惑星探査機「はやぶさ」のカプセル内の収納容器で見つかった微粒子を効率的に調べるため、
新しい方式による微粒子の回収を始めたと発表した。

 宇宙機構によると、容器を特殊なへらでなぞり、付着した微粒子を電子顕微鏡で観察、
小惑星「イトカワ」由来の可能性の高いものをえり分ける。
これまではへらから微粒子を針で1個ずつ採取し観察していたが、微粒子が想定より小さく、作業は難航していた。

 宇宙機構はへらを小型化したり電子線の当て方を工夫したりして、へらごと電子顕微鏡で観察する条件を整えた。

 微粒子は12月以降、全国の研究者に分配。イトカワ由来かどうかの判断や、どのような鉱物でできているかの分析に取り組む。

共同通信(2010/09/27 19:52)

▽記事引用元 47NEWS
http://www.47news.jp/CN/201009/CN2010092701000907.html

Hayabusa_reentry_from_Ames_Research_2010-06-13_25seconds

続きを読む

lemegeton72 at 19:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをTwitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをYahoo!ブックマークに登録 このエントリーをDeliciousに追加

2010年07月16日

JAXA、「はやぶさ」のサンプル回収状況を説明 効率良い回収方法を検討中 このエントリーをTwitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをライブドアクリップに追加 このエントリーをYahoo!ブックマークに登録 このエントリーをDeliciousに追加

1 :白夜φ ★:2010/07/12(月) 21:57:39 ID:???
効率良い回収方法を検討中 - JAXA、「はやぶさ」のサンプル回収状況を説明
2010/07/12

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は7月12日、同日時点の小惑星探査機「はやぶさ」が
持ち帰ったサンプルの回収状況を発表した。

はやぶさのコンテナおよびキャッチャにて確認されたサンプルについては、
7月6日より回収および回収したサンプルの記録管理が開始。
2個の微粒子が確認された際に用いられていた石英製マニュピレータではなく、
テフロン製のヘラにてそれら微粒子が確認された領域をすくったところ、
「詳しく数えていないがおそらく20~30個」(JAXA技術参与の向井利典氏)の微粒子が
確認されたという。

http://j.mycom.jp/news/2010/07/12/043/images/011l.jpg
011l

△はやぶさのサンプル回収に関して状況説明を行ったJAXA技術参与の向井利典

いずれも数μm程度のもので、「これを(ヘラから)回収することが予想外に大変な状態」(同)
という状況。ヘラに静電気の力で付着している微粒子は、除電してマニュピレータで回収する
こと方法が予定されているが、この方法では「(1個あたりの回収に数時間かかるため)数が
大量にあると、それだけで何日も経ってしまう。恐らく、これらの大半は地球由来の物質
とみており、これらにかなりの時間を費やすかどうかが問題。もっと効率の良い回収方法が
ないか、検討している段階」(同)と、作業としてはなかなか進めていない状態と説明する。

また、作業がなかなか進められないことに関しては、
「現在の(真空チェンバ内に異物を発生させないで導入できるレベルの)光学顕微鏡の限界が
数μm。それよりも微細な粒子も入っている可能性があり、技術の進歩により、将来的に
それらも変質させないで回収、保存できるようにしておく必要がある」(同)という事情もあるほか、
リハーサル時点では、数μmのダミー粒子を用意することが困難だったことあり、それよりも
大きなサイズの粒子での練習しかできていないこともあり、「どうしても最初は試行錯誤を
行いながら進めていくしかない。期待が高いことは理解しているが、もう少し、落ち着いて
待っていてもらいたい」(同)とコメントしている。

なお、JAXAでは回収方法に関する検討を進めており、「今週中には検討結果をまとめて、
今後の作業に生かしていく方針」(同)としている。

---------------
▽記事引用元
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/07/12/043/?rt=na
マイコミジャーナル(http://journal.mycom.co.jp/index.html)配信記事

続きを読む

lemegeton72 at 18:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをTwitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをYahoo!ブックマークに登録 このエントリーをDeliciousに追加


ブログパーツ