お手柄

2010年04月23日

火だるまの父親にコーラを噴射して消火した少年 このエントリーをTwitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをライブドアクリップに追加 このエントリーをYahoo!ブックマークに登録 このエントリーをDeliciousに追加

1 名前:夏まっさかりφφφ ★[sage] 投稿日:2010/04/23(金) 14:25:28 ID:???

◇火だるまの父親にコーラを噴射、機転を利かせて命救った15歳の少年。

先日、英国の男性がたき火をしていたところ、自分の大胆な行動がもとで
体に火が燃え移ってしまった。そばでこの惨事に遭遇し、助けを求められた
15歳の息子は、機転を利かせて救出。父親の命を救ったのは
「コーラを振って一気に噴射する」という方法だった。

http://www.narinari.com/site_img/photo/2010-04-23-100715.jpg

コーンウォール州モリオンに住むアンドリュー・ワイスさんは、ある暑い日曜日に
庭の草を集め、たき火を始めたそう。ところが、なかなか火が強くならない状況に業
を煮やし、「多少のガソリンをたき火の上に注ぐ」(英紙サンより)という信じがたい
荒技に出てしまった。その結果、流れ落ちるガソリンとともに、アンドリューさんの体に
火が引火。そのときアンドリューさんは「痛みで叫んだまま、地面を転がった」
(英紙デイリー・メールより)そうだが、それでは体の火は消えなかった。

頭までも燃える状況に、自分での消火が無理と悟ったアンドリューさんは、
近くにいた息子のニコラスくんに助けを求める。すると、一連の流れを
目の当たりにしていたニコラスくんは、15歳ながらも鮮やかな行動に出た。
「本能で動いた」という彼は、近くにあった2リットルのコカコーラを手に取ると、
ふたをしたまま勢いよくシェイク。炭酸の力を利用して、燃える父親に向けて
コーラのシャワーを浴びせ、必死の消火にあたる。この機転を利かせた行動で、
アンドリューさんに燃え移った火を見事消すことに成功した。

この後、妻アニータさんがアンドリューさんを病院へ搬送。首や胸、耳に火傷を負った
アンドリューさんは「皮膚移植が必要」と医者に言われるほど重傷だったが、幸いにも
命に別状はないと診断された。さらに、医者は「彼が行動しなければ、けがが
致命的になっていただろう」(英紙デイリー・エクスプレスより)とコメント。
ニコラスくんの素早い判断が、父親の命を救った形になった。

息子に救われたアンドリューさんは、「ニコラスがいなかったら、
もっと悪い結果になっていた」と話し、彼の存在を「とても誇り」と
感謝しきり。安易な行動の代償として、アンドリューさんには
これから皮膚の移植手術が待ち受けているが、成長した
息子の姿を実感できたのは、不幸中の幸いだったのかもしれない。
ちなみに、消防関係者は「ガソリンの液体に火がつくと思われているが、
その周りには気化したガスが充満している」(サン紙より)と危険性を指摘。
たき火では、絶対にガソリンを使用しないよう呼び掛けている。

ソース(ナリナリドットコム)http://www.narinari.com/Nd/20100413455.html

2010-04-23-100715

続きを読む

lemegeton72 at 18:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをTwitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをYahoo!ブックマークに登録 このエントリーをDeliciousに追加


ブログパーツ