科学ニュース

2010年12月18日

鉄のよろいを脱いだら白かった、硫化鉄で覆われた黒い貝「スケーリーフット」に近縁な白い新種を発見 このエントリーをTwitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをライブドアクリップに追加 このエントリーをYahoo!ブックマークに登録 このエントリーをDeliciousに追加

1 :一般人φ ★:2010/12/13(月) 21:42:12 ID:???
鉄のよろいを脱いだら白い姿に―。海洋研究開発機構のチームは13日、体の一部が無数のうろこで覆われた
珍しい巻き貝「スケーリーフット」の、体色が異なる近縁種をインド洋の深海底で発見したと発表した。

これまで硫化鉄で硬くコーティングされた黒い殻を持つものが見つかっていたが、今回は硫化鉄を帯びず白っぽい体色。
チームは「謎の多い生態や進化過程を知る手掛かりになる」と期待している。

昨年10月、海洋機構の無人潜水調査船「しんかい6500」が、鉱物を多く含む水深2600メートルの熱水噴出孔の近くに
集まって生息しているのを発見。体長約3~4センチ。
2001年に見つかった黒い色のものより殻は弱いが、遺伝的にはほぼ同じ近縁種だった。

▽写真 インド洋で見つかった巻き貝「スケーリーフット」の白い殻を持つもの(上)。
これまでは硫化鉄で殻が硬くコーティングされたもの(下)が確認されていた(海洋研究開発機構提供)
http://img.47news.jp/PN/201012/PN2010121301000737.-.-.CI0003.jpg

▽記事引用元 共同通信【2010/12/13 18:24】
http://www.47news.jp/CN/201012/CN2010121301000686.html

▽プレスリリース
http://www.jamstec.go.jp/j/about/press_release/20101213/

CI0003
続きを読む

lemegeton72 at 23:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをTwitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをYahoo!ブックマークに登録 このエントリーをDeliciousに追加

2010年12月01日

ヤドカリに“宿借り”するエビ、外出して戻るときに、はさみで貝殻をノックする不思議な習性 このエントリーをTwitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをライブドアクリップに追加 このエントリーをYahoo!ブックマークに登録 このエントリーをDeliciousに追加

1 :おっおにぎりがほしいんだなφ ★:2010/11/22(月) 20:06:00 ID:???
ヤドカリの中に“宿借り”する珍しいエビが、神戸市須磨区、
市立須磨海浜水族園で公開されている。
亀崎直樹園長(54)の妻由美子さん(54)が、沖縄県・八重山諸島に住んでいた
1984年、海岸で偶然発見した。体長約3センチ。
全身紅色で、背中とはさみに黄色のラインが走る。

世界で10匹ほどの報告例はあったが、日本ではなかったため
亀崎園長が論文を書き、「クレナイヤドカリテッポウエビ」と和名の名付け親になった。
学名は「アレトプシスアマビリス」。

今夏、再調査したところ、沖縄県と高知県で2匹を発見し、持ち帰った。
水族館としては世界で初めての公開という。
「外出してヤドカリの貝殻に戻るとき、はさみを上下に振ってノックする。
不思議な習性がある美しいエビです」と亀崎園長。公開は12月31日まで。


ソース:神戸新聞
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0003626505.shtml
画像:ヤドカリの足に乗ったクレナイヤドカリテッポウエビ
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/Images/03626506.jpg 
03626506

動画:youtube(1:30)
http://www.youtube.com/watch?v=M_uayimlZ-s

続きを読む

lemegeton72 at 17:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをTwitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをYahoo!ブックマークに登録 このエントリーをDeliciousに追加

2010年11月30日

はやぶさ「こんなこともあろうかと、カプセルをひっくり返して底をトントン叩いたら、結構大きい粒子が出てきたよ」 このエントリーをTwitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをライブドアクリップに追加 このエントリーをYahoo!ブックマークに登録 このエントリーをDeliciousに追加

1 :◆SWAKITIxxM @すわきちφφ ★:2010/11/29(月) 19:15:05 ID:??? ?2BP(1056)
6月に地球に帰還した小惑星探査機「はやぶさ」の試料容器から、
0・1~0・01ミリ・メートルの新たな粒子数百個が見つかった。

宇宙航空研究開発機構が29日、発表した。
この容器からは、小惑星イトカワの非常に小さな粒子約1500個がすでに見つかっている。
今回の粒子は、これに比べて10倍ほどの大きなものだという。
宇宙機構は今後、電子顕微鏡を使って、この粒子がイトカワのものかどうかを調べる。

宇宙機構によると、容器を逆さにして軽い衝撃を与えたところ、
容器の中から新たな粒子がこぼれ落ちた。
これまでの調査でも、0・01ミリ・メートル前後の粒子は約60個見つかっており、
今後はこれと合わせてイトカワ由来かどうかを調べる。
今回見つかった数百個のなかには岩石質のものも数多く含まれており、
3分の1から半分ぐらいがイトカワの粒子である可能性もあるという。

YOMIURI ONLINE
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20101129-OYT1T00863.htm
続きを読む

lemegeton72 at 18:34|PermalinkComments(1)TrackBack(0)このエントリーをTwitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをYahoo!ブックマークに登録 このエントリーをDeliciousに追加

2010年11月26日

恐怖はどこから来るのだろう このエントリーをTwitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをライブドアクリップに追加 このエントリーをYahoo!ブックマークに登録 このエントリーをDeliciousに追加

1 :白夜φ ★:2010/11/23(火) 21:28:56 ID:???
◇ヘビを怖がるのは生まれつき? 京大、写真で実験

「人間は生まれつきヘビを怖がる」という説を支持する実験データを、京都大霊長類研究所の
正高信男教授らが得た。ヘビを見たことがない幼児でも、複数の写真の中からヘビだけは
素早く見つけ出した。ヘビへの恐怖心が本能に基づくことを示すという。
成果は24日、米オンライン科学誌プロスワンに掲載される。

実験では3歳児20人、4歳児34人、成人20人に9枚の写真を見せた。
花8枚とヘビ1枚の中からヘビを、ヘビ8枚と花1枚の中から花を見つける時間を測った。

すると幼児でも成人と同様にヘビを見つける時間が花より数百ミリ秒速かった。
とぐろを巻いていたり、かま首を持ち上げたりして攻撃的なヘビの写真の方が、
攻撃的でないヘビの写真より数百ミリ秒速く見つけられた。
クモやムカデ、ヘビと似た形のホースの写真では見つける時間に変化はなかった。

では、ヘビを怖がるのは経験ではなく本能によると推測。
正高教授は「狩猟・採集をしていた時の習性が残ったのではないか」と指摘する。
今後は脳機能の画像検査などによって、怖がるメカニズムを詳しく調べる。
___________

▽記事引用元
http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819695E0E1E2E39D8DE0E1E3E3E0E2E3E29180EAE2E2E2;at=DGXZZO0195579008122009000000
日本経済新聞日経電子版(http://www.nikkei.com/)配信記事

▽関連サイト
PLoS one
http://www.plosone.org/
800px-Gloydius_blomhoffiiニホンマムシ
続きを読む

lemegeton72 at 17:34|PermalinkComments(0)TrackBack(1)このエントリーをTwitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをYahoo!ブックマークに登録 このエントリーをDeliciousに追加

2010年11月20日

蜜とトゲの罠…百年に一度だけ咲く「プヤ・ライモンディ」 このエントリーをTwitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをライブドアクリップに追加 このエントリーをYahoo!ブックマークに登録 このエントリーをDeliciousに追加

1 :おっおにぎりがほしいんだなφ ★:2010/11/18(木) 21:51:36 ID:???
“アンデスの女王”、プヤ・ライモンディの100年に一度しか咲かない
花の蜜をついばみにきたハチドリ(11月 10日撮影)。
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/bigphotos/images/rare-plant-blooms-bolivia-hummingbird_28909_big.jpg
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/bigphotos/images/rare-plant-blooms-bolivia-flowers_28911_big.jpg 
rare-plant-blooms-bolivia-hummingbird_28909_big
rare-plant-blooms-bolivia-flowers_28911_big

このような鳥が落とす糞もプヤの養分となっていることが現地調査でわかっている。
プヤの葉には、内側に曲がった“鉤爪(かぎづめ)”のようなトゲが並んでおり、
蜜を食べに来た鳥が葉の間から抜け出せなくなることもある。

プヤ・ライモンディの保護活動を行うアントニオ・ランベ氏は、「葉の間に手を突っ込んだら、
よほど注意深く引き抜かないと切り裂かれる恐れがある」と話す。
ヒツジなどの家畜がトゲの“罠”にかかったという話を聞いて、プヤを忌み嫌うようになった
地元住民もいるという。

その一方で、若いアンデスの女王も試練は多い。絶えず家畜に踏みつけられ、食べられ、
農地確保のために焼かれている。


プヤ・ライモンディは、ペルーとボリビアの標高約3000~4800メートルのアンデス高地にしか
生育していない。
「ここの土壌はきわめて不毛で、(プヤ・ライモンディは)花を咲かせ種子をつけるための
栄養を長い年月をかけて蓄積しなければならない。だから、花が咲くのに50年、100年かかるんだ」
と、非営利法人アクシオン・アンビエンタルのアントニオ・ランベ氏は語る。

その反面、先週撮影された写真のように、一度きりの開花の規模は圧倒的だ。
1本の花茎に30万~40万個の種子をつける。


ソース:ナショナルジオグラフィックニュース
蜜とトゲの罠、百年に一度だけ咲く花
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=2010111809&expand#title
40万の種子、百年に一度だけ咲く花
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=2010111810&expand#title

続きを読む

lemegeton72 at 16:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをTwitterでつぶやく このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをYahoo!ブックマークに登録 このエントリーをDeliciousに追加


ブログパーツ